話題

エアシューターはラブホテルの精算機で昭和の画期的な方法なのだ!!

スポンサーリンク

ラブホが80年代90年代とてもたくさんありました。

その頃にはお金を払う時に顔を見られてはいけない、恥ずかしい思いからか空気でカプセルを用いてお金を払うシステムがありました。それはエアシューターという機械です。

今となれば、幅広く病院などで使われています。

コストコでも使用されているんですよ!
ご興味があればどうぞ

簡単に言うとエアを使った密閉されたパイプにカプセルを入れてふたをして、スイッチを押すとシューと音がしてカプセルが吸い込まれ従業員のもとへお金が届くシステムなんです!

今では全く見なくなりましたね!そのエアシューターを懐かしく思い調べましたので最後までごらんください。

スポンサーリンク



ラブホの精算機エアシューターとは?

エアシューターの画像です出典:https://gigazine.net/news/20131216-super-fast-food/

昭和後期80’年代から90’年代にラブホテルの精算にはエアシューターが使われていました。

いまは全く見なくなった、エアシューターについてに調べますのでごらんください。

カプセルには当然のようにお金を入れます。

入れてからカプセルのふたをしめてボタンを押すとパイプ内にエアが吹き込まれそのカプセルが吸いこまれる様にボブスレーのように従業員のもとに届くシステムです。

お釣りがと言うとちゃんと従業員が計算をしておつりもきちんと返って来るシステムでした。

出典元 http://www.nippon-shooter.co.jp/prod/trans/as/asn.html

エアシューターとは?

エアーシューターは、緊急検体等を高速・安全に搬送できる画期的な気送管設備です。

横開きタイプの大型気送子はオプションのインナーケースによってデリケートな物品の搬送に適しており、 エアークッションによる減速受信とあいまって安全な搬送を実現しています。

それほど昔は信頼性があったんでしょうね!ラブホって男女の神聖な場所であって出会う場所?でしたからね・・

今のホテルというと、少し近代的になって通常のホテルと勘違いしてしまうような作りになってますが、少し残念ですね・・・

今は顔が見れませんか従業員の体は見えてしまいます。

プライバシーの観点からそうなってるのかもしれませんが、昔は完全に顔や体は見えなくて精算して車で帰れるシステムでした・・お客さんを信用していたのかもしれませんね・・

今では考えられませんね・・お金も払わないで帰っていくお客さんもいるかもしれませんからね?

今はこのシステムを見ることは全くなくなりましたが、どこかで生き延びているかもしれませんね!

スポンサーリンク



貴重なエアシューター動画です

貴重なエアーシューターの画像がありましたので御覧ください

いかがでしょうか?

今では見なくなりましたが、昔はこれが普通でしたから不思議な過去ですね!

まとめ

ラブホの精算機エアシューターとは?昭和の画期的な方法とは?をお送りしてきましたがいかがだったでしょうか?

今でも病院や地方の管理されているホテル関係で使用している事があるようです!

昔は当たり前のように使っていましたが、今ではとても貴重に思いますね!

もしどこかの施設に行った時に存在していたら観察するのもいいかも知れませんね!

スポンサーリンク



ABOUT ME
skycircle
外車整備のプロフェッショナル/自動車検査員有資格者/Webとプログラミングが大好き。ロシアサハリン及び中国上海の自動車整備援助要員を何度も要請される。 18年会社経営⇨重度のうつ病と脳の萎縮の病気⇨ひっくりかえる。経営会社のサイト運営がきっかけでWebとプログラミングに夢中になる。 人生最大の転機が訪れ自分自身を見つめ直すことができた気がします。 その分いままでの人生経験を最大限に出せるように・・ プロフィール詳細

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください