芸能

うつ病と家の片付け度合いには相関関係がある?

自己啓発などに興味がある人は、
もしかしたら聞いたことがあるかもしれません。

お部屋は心の状態を映し出す鏡だという言葉を。

必ずしも当てはまる言葉だとは言い切れませんが、
片付けや掃除が苦手な人は、心の整理も苦手な傾向があるということなのかなと、
個人的には分析しています。

というのもやはり、
心が元気な状態の方が、掃除って取り組みやすいんですよね。

イライラしている時よりも、鼻歌混じりにスキップしている時の方が、
やっぱり捗るだろうなということは想像つきやすいことです。

 そして、掃除一つとっても、
自分にかけている言葉というのは千差万別で、
掃除もできないなんて・・・・・・と自分を責める人もいれば、
今日はゴミを1つ捨てた!自分偉い!と褒める人もいます。

同じように掃除をしていても、
自分にかける言葉によっては、
全く違った世界に見えるわけです。

自分への優しい声かけの練習として、
掃除は有効かなと思います。



うつ病改善に掃除は必要?

 うつ病改善に掃除は必要になってくるのかと言われると、
できればやった方がいいと私は思っています。

脳への影響という部分から見ると、
綺麗な部屋よりも散らかっている部屋の方が脳にストレスを与えます。

広々とした空間と狭い空間があった時、
何となく広々とした空間の方が開放感があって動きやすいと感じたりしますよね。

そういった点からも、
できればやった方が憂鬱な気分も和らげることができます。

とはいえ、
掃除が苦手という人もいると思います。

苦手な人の中には、
掃除と聞くとかなりの重労働だ!って感じる人もいるかもしれません。

そういう人は、普段使う場所を1日1回綺麗にしておく程度でいいと思います。

ちょっとだけゴミを捨てるとか、
ちょっとだけ物を綺麗に並べてみたりとか。

本当に負担にならない範囲でやると、
続けやすいと思います。



鬱でも1日5分程度の掃除から始めてみませんか?

 お部屋が散らかっている状態だと、
脳に負担がかかって、気持ちが乱れやすくなるということを書かせてもらいました。

ただ、どれくらい綺麗だったら、
心が落ち着くのかというのは、個人差がある部分ですので、
自分だったらこれくらいでいいかな?というラインを決めておくといいでしょう。

そして自分にとってのラインが定まったら、
1日5分でもいいので、掃除をして、
日々その状態に近づけていきましょう。

できれば、ワクワクした気持ちでやれると、最高です。

 もし、掃除をやるだけで、
気持ちが乱れて憂鬱な気分になる!という方がいましたら、
その時は思い切って掃除はしないと決めてしまいましょう。

嫌な気分になることを思い切ってやめることも、1つの勇気です。

うつ病の治療を進めて、
やってみてもいいかなって思う日が来たら、
また再チャレンジすればいいです。

できそうなことから、やっていく。

これが私が治療を進めていく上で大事だなと思ったことです。

最後まで感謝そしてありがとうございます

skycircle



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください